アルトコイン大全 処理能力が高い 環境に優しい

■仮想通貨「Elrond(EGLD)エルロンド」とは?今後の将来性、価格、チャート、買い方、発行枚数、ホワイトペーパー

6月 22, 2021

バイビット
  1. HOME >
  2. アルトコイン大全 >

■仮想通貨「Elrond(EGLD)エルロンド」とは?今後の将来性、価格、チャート、買い方、発行枚数、ホワイトペーパー

6月 22, 2021

ZAK
Elrondってどんなコインなの??
下に詳しく書くからよく読んでみてね!
草コイン君

この記事はこんな人におススメ

Elrondがどのような背景で出来たコインか知りたい人
Elrondが将来有望かどうか判断に迷っている人
Elrondを現在購入したいと思っている人
※この記事は3分で読むことができます。

 

ココだけ押さえとけ!!

  • イーサリアム等のスケーラビリティの向上を目指した通貨
  • 相互運用性に優れている(既存ブロックチェーンの救世主!)
  • 超速・低い手数料を実現
  • バイナンスお墨付き通貨
  • もともと技術のある通貨に対しては使用してもあまり意味がない
[toc]

①Elrondの基本情報、発行枚数、Elrondについて

Elrondの基本情報

通貨名/ティッカーシンボル Elrond(エルロンド)/EGLD
総発行枚数 31,415,926 EGLD
リリース時期 2020年7月
開発者 Beniamin氏及びLucianMincu氏
発祥国
コンセンサスアルゴリズム SPoS(Secure Proof of Stake)
処理能力(TPS) 15,000TPS(100,000以上も可能)
公式サイト https://elrond.com/
ツイッター https://twitter.com/elrondnetwork
インフルエンサー -
ホワイトペーパー ホワイトペーパー
Youtube 公式Youtubeチャンネル
類似通貨 Polygon


Elrondについて

Elrond(エルロンド)は、主にイーサリアムなどのスマートコントラクトを実行する既存のブロックチェーンの処理能力を高くする役割を持つコインになります。

現在、イーサリアムはスケーラビリティ問題(ガス代の高騰や処理能力の低さ)があり、使用する事に大きな障壁となっています。

その障壁をなくす拡張性の高いコインと言われ、注目が集まっています。以下特徴になります。

高い処理能力

Elrond(エルロンド)は、独自のコンセンサスアルゴリズムであるSecure Proof of Stake(SPoS)を採用し、高い処理能力及び低手数料を実現しています。

一般的にその処理能力はTPSで表されますが、イーサリアムが15TPSに比べ、Elrondは15,000TPSと約1,000倍もの処理能力になります。

これは、Zilliqaなどが使用しているシャーディングと呼ばれる取引を並列処理する技術を使って処理能力の向上を図っていますが、普通のシャーディングではなく

「アダプティブステートシャーディング」と呼ばれるアプローチを使い、より処理能力が高くなり、パフォーマンスに優れています。

イーサリアムのような、処理能力が低くガス代が高いと言われている通貨にElrondを仲介させることにより、高い処理能力及び低手数料化ができるということで

とても注目を集めています。

なお、TPSとは1秒当たりのトランザクションの処理可能件数を指します。

 

なお、当サイト調べのTPSランキングにも上位入賞しております↓↓

TPSランキング
【2023年保存版】仮想通貨TPS・ファイナリティランキング~処理速度ランキング~(TPS・Finality Rank)

続きを見る

 

多様なコインと相互運用ができる

Elrond(エルロンド)に実装されたアダプティブ機能を使用することにより、他のブロックチェーンとの動的なネットワーク構成を可能にし

需要に合わせて拡張しながら高レベルのセキュリティを維持します。

 

メジャーな言語に対応

エルロンドは、C/C++、C#、Typescriptといったメジャーな言語でプログラミングを行うことができるため、プログラマーからすると

DApps等を作る際の敷居が低くなっています。イーサリアムはSolidity(ソリディティ)という独自のプログラム言語を使用しているため、

敷居が高いと言われています。

エルロンドの拡張機能で、需要が増え、エルロンドの価格の上昇に期待できますね!

 

バイナンスのIEO銘柄

仮想通貨Elrond(エルロンド)は、世界最大級の仮想通貨取引所であるバイナンスでIEO(資金調達)が行われた、バイナンスのお墨付きがある銘柄となります。

バイナンスIEO銘柄は、今までそのほとんどが高騰し、とても注目を集めていると同時にとても信用されている銘柄として期待されています。

バイナンスIEOに参加するには、BNB(バイナンスコイン)が必要ですが、割と高い確率で購入することが可能なため、バイナンスの口座登録をして注目してみるのも良いでしょう。

 

Elrondの将来性は?

エルロンドの2020年8月から2021年6月にかけてのチャートになります。

EGLD

ビットコインの高騰に引きずられEGLDも高騰していますが、ピークの240ドルから74ドルの3分の1程度まで落ち込んでいます。

と、とても安く見える。。

さて、将来性を検証していきましょう。

 

期待している点

・通貨の預け入れでステーキング+エアドロップが貰えるため、徐々に注目を集めていく

・現時点では、かなり使えるブロックチェーンが多いと思われるため、今後何年かは価格の上昇が見込める

 

懸念点

・使用する通貨(例えばイーサリアム)が、アップデートした場合は利用価値が少なくなる

・これから出てくる技術力の高いブロックチェーンにはあまり需要がないか

・常に最先端の技術に対応していかないと需要が減ると思われる

 

まとめ

仮想通貨Elrond(エルロンド)は、主にイーサリアム等のスマートコントラクト機能を持つ通貨との互換性で価値を見い出す通貨であり、

イーサリアムのガス代や処理能力の低さによって使用の障壁となっていたスケーラビリティ問題を解決できると言われている通貨です。

また、アダプティブステートシャーディングと呼ばれるシャーディング方法により、状態、トランザクション、ネットワークの3つのシャーディングタイプの利点を考慮し、

最適なアプローチをしており、高い処理能力と高セキュリティを実現しています。

類似通貨であるPolygonと比べてもTPSが高く、また時価総額ランキングが低いため、伸びしろが十分にあると思われます。

しかしながら、イーサリアムは「Ethereum 2.0」へのアップデートで高速化されることが決まっており、

これから開発されるブロックチェーンについてもスケーラビリティの問題は減っていくでしょうから、

需要が減っていくことも考えられます。

ただ、少なくてもあと数年は重宝される可能性が高いと思われます。

また今現在、EGLDを購入し、ウォレットに預けることでEGLDのステーキング報酬の他にMEXというコインが貰えるそうです。

これには期待してしまいますよね。

今後のElrondに期待しましょう。

②Elrond(エルロンド)の口コミ

ZAK
EGLDを預けてMEXが貰える!!

 

③Elrondが購入できる取引所

①バイナンス

バイナンス登録

■バイナンスの詳細はこちら

■バイナンスの世界一簡単な登録方法はこちら

------日本円でEGLDを買うには、下記流れが必要です。---------

step
1
コインチェックにてアカウント作成

step
2
コインチェックにて入金、仮想通貨購入

step
3
バイナンスに仮想通貨を送金

step
4
仮想通貨を使ってEGLDを購入

■コインチェック

コインチェック

※その他おススメ

■BYBIT

bybit

デルタニュートラル
【年利50%!?】Bybit(バイビット)のデルタニュートラル戦略でウマウマ金利をゲットする方法【超絶おススメ】

続きを見る

 

↓↓少しでもタメになった、という方おられましたら、当サイトへの寄付をお願いいたします。(少額でもめっちゃ喜びます)

Please Add coin wallet address in plugin settings panel
  • この記事を書いた人

zak

普通のサラリーマンでなけなしの○○○万を仮想通貨に突っ込み3日で全てを溶かした。その後調べつくしてついにプラスに!その内容をつらつら書いていきます。

-アルトコイン大全, 処理能力が高い, 環境に優しい

© 2021 仮想通貨「コインマニアジャパン」